Sunday, August 12, 2018

私に来るダイレクトメール


 私、ミライヨウ名義でオカルト+スピ+占星+パワスト等の、男性が速攻で逃げるジャンルのブログ、書いてるんですが。
 今はアメーバブログで主に書いてますがかつてはfc2と一緒に記事アップしてました。で、アメブロの方、ブログのプロフのトコにメッセージ送るボタンがあります。
 で、しょっちゅうではないですが、メッセージが来ます。
 なんだろな?と思うのですが・・・見てみると。


 私のとこに来るメッセージの内容は・・・

 霊障相談ばっかし・・・orz


 だーかーらー!!
 私一人じゃホントかどうかもわからないし(むちゃくちゃ疑り深い)、サギやるつもりとかもゼロだし、てか、師匠さんと今連絡途切れたまま(多分今回の年賀状は来ないと思う)だし分かんないのっ;
 って、ブログの自己紹介の部分に、目立つように書いてあるんだけど、全く無視されてるようで;

 中には「父のしゃっくりが止まりません」て・・・(マジな内容です、しかも年上の男性;)
 そんなこと言われても・・・しゃっくりと霊障は関係ないでしょ、明らかに!
 何でもかんでも霊のせいにするの嫌いだから私、自分の感じたものすら信じてないんですよっ。
 それなのにああ・・・笑えるというかそれ通り越して、恐ろしいメールですたわ・・・

 もう・・・どうしましょ・・・
 泣きますわ。


 それと、私が封印した持統天皇、自分の分身(霊体)作ってて、10年近く前、マックスバリュの休憩スペースで休んでた所窓の外からうわあああああって来たことあるの思い出した。
 で、私が窓越しに念飛ばすと、パーンて弾けて、消えてったんだけど、中空から、何か落ちてきたのね。

 チャリーン。
 穴の空いた銅銭だった。

 え?銅銭て、一番古いの和同開珎じゃなかったっけ??って一瞬思ったけど、その銅銭、どういうふうに使われたのか視えた。
 持統がね、生前その銅銭に自分の髪通してるの、一本ずつ。
 で、本体やられたから、分身が後になってこっちに来たらしい。

 銅銭・・・うん、確実に呪術用に特別に作られたやつってのは確か。

 で、銅銭のこと、持統が生きてた時代にあったかどうか検索して調べてみると・・・
 あった。
 「富本」って銅銭。
 これが、今のところ、日本で一番古い銅銭らしい。

 でも、発行された富本ではなくて、あの銅銭は、別に作られた呪術用なものだからね。
 多分、合葬墓とか、高松塚とかなどに一緒に埋められてると思う。


 ・・・いまネットで調べてきたよー。
 やっぱり、古い銅銭ではあるけど、呪術用って見方が強いみたいですね。
 発行されたのって、旦那が政権握ってる時代だし。


 今年になっての後日談なんだけど、師匠さんが持統に対しての封印について霊視したとき、
 「誰か封印解こうとした跡がありますね、うーん30%くらいやられてる」
 だそうな。で、遠隔で封印し直し完了、ってわけです。

 で、封印解き誰がやったのか師匠に尋ねてみると、
 「間違いなく宮内庁の陰陽師でしょうね。しかも、リーダー格の人。かなり力使ったみたいですね、それでもミライさんには敵わなかったので諦めたっていう感じですね」
 ・・・ははは。(汗)
 因みに謎の聖徳太子について尋ねてみると、

 「凄い人数が生贄になってますから呪いの力も強い。解かれるまでに1000人はチャレンジしてますよ。ミライさんも含めて。ミライさんの後は数十人くらいいますね。最終的には時間が解決したようですけど。今ね、ニコニコしてお花見してるんです。顔ですか?・・・えっと、速水もこみちにちょび髭が生えてて、出川哲朗みたいな輪郭の顔立ちですね」
 顔まで見えるとは、凄いなあ・・・


 ではでは~☆