Monday, March 17, 2014

医学的にも認められた?ペリドットの効果


 ペリドットは別名セロトニンストーン。なんだそうですな。
 セロトニンというのは脳内物質の一つで、これの分泌が減ると早い話鬱とか不安とか精神障害をもたらすそうな(そんなカンタンでいいのか?!)。
 で、とある内科医兼パワーストーン研究家が、ペリドットにこれを改善する効果を発見したそうな(実例は?!)。メンタル系の疾患で通院している方にも有用な石なんだとか!

 もっと前から持っときゃよかったよ~
 でもどういうふうに持ち歩くんだろうね?
 私みたいに大量さざれビーズの編みこみネックレスにしちゃうとか(普通の人がつけると重いはず)。十分長いんで、ネックレスの先を時々眺めるだけでも効果あるんだろうか。

 でも、子供さんが学校行くのにペリドットブレスなんかしようものならば先生に目をつけられてセロトニンどころか要らんストレスお持ち帰りになるので、原石なんかを白い袋なんかに入れてポケットに入れ持ち歩く、そういう方法もあるから、見る、だけで効果があるとは限らんらしい。
 とにかく持ち歩くことが大事なようです。

 また、腸内環境を良くする肉体的効果も先の研究家により発見されたとか。
 伊達に昔から伝統のある魔除け石ではないですな!
 伝承によりよると戦争時にはペリドットがよく売れるって言うし!
 何でやってことで調べたらペリドットを身につけると怪我の回復が早くなるとか言われてるし!
 何か凄いぞ!

 でも、安く手に入る(原石や大玉ブレス以外)ペリドットでも、人気が世界的には無いようで、ルビー程度の産出量しかないのにどっかのネットでは「クソ石」と呼ばれたりとかさ・・・。

 私みたいなメンヘラチャンには大のおすすめストーンかも。
 なんか実際的な変化あったらレポートでも書くかな。