2013年12月16日月曜日

I'll be burning

寒空の下歩く歩道 時々振り返る
過去を振り返るように
でも 過去を思い出すことは出来ても
過去は変えることが出来ない

残された思い
放り出されたインスタントカメラ
斜陽の影に隠れる色鉛筆とスケッチブック
そして・・・今までの足あと

セピア色に見える未来
過去現在もカラーだったのに
何かが変えられてしまった
失ったものを補うつもりが
逆に私を過去の残骸に追い詰める

吐き気を抑えて対面する未来
貴方誰ですか
大好きな人を奪った動物レベルの何か
奴は答える
何もなかったふりして

目頭が熱くなるのを抑えきれず過去に縋り付く
希望でいっぱいだった私
何時か流行った「積木くずし」のように
私の心も崩れていく

奴等は古い過去をうずめてしまうのに必死に違いない
私は過去に自分の世界を見出すのに必死なのに
新しい未来に向けて燃え上がっているだろう奴等
新しい未来を嘆き怒りに燃え上がる私


残された私
握り潰した「新しい家族」の写真
夜の帳と揺れる色鉛筆とスケッチブック
そして・・・これからの足あと
吐き気を抑えて対面する未来

貴方何様ですか
笑顔で彼女を奪った動物レベルの何か
奴は答える
正当に出たふりして

目頭が熱くなるのを抑えきれず過去に縋り付く
希望でいっぱいだった私
奴が私に毒牙を向けた時のように
私の心も崩れていく


奴等は古い過去をうずめてしまうのに必死に違いない
私は過去に自分の世界を見出すのに必死なのに
新しい未来に向けて燃え上がっているだろう奴等
新しい未来を嘆き怒りに燃え上がる私

奴等は古い過去をうずめてしまうのに必死に違いない
私は過去に自分の世界を見出すのに必死なのに
新しい未来に向けて燃え上がっているだろう奴等
新しい未来を嘆き怒りに燃え上がる私