2013年3月17日日曜日

インド占星術で・・・

 もともと西洋占星術系を独学(25年)で勉強していた私。
 インド占星術が当たるというんで、チャートを作ってもらい、見てもらった。
 それが、これ


HASTAの寝言-HASTA


 全くわからん!!(ノ_-。)
 でも、おおまかに仕事運を見てもらったら、「非常に強いヴィパリータ・ラージャヨガが形成されるので、逆転・成功の規模も比較的に大きくなる。ただし、他の部分も見合わせると、この成功は痛みを伴う」だそうな・・・
 そういえば、西洋で見ても、サビアンシンボルで、『オキシデンタル(太陽より先に進んでいる星)』月がうお3・4度で「破壊的出来事やプレッシャー→仕事上での大成功」、『オリエンタル(太陽の後からついてくる星)』ノード(ラーフ)がいて9・10度で「助けて貰う必要→人生での大活躍」なんだよなあ。
 大逆転の「(強力な)ヴィパリータ・ラージャヨガ」も、あながち・・・かもね。

 とにかく、痛みを伴った成功は嫌なので、惑星の悪影響を鎮める方法を自力で見つけ、それが効果的かどうかを以前からコメントでお世話(と言うか、お邪魔)になっている、T様に確認してました。

 それが、ガーヤトリーマントラなんですよぉ。
 このマントラ、カルマ自体を浄化し、惑星の悪影響すら鎮めるという、ヴェーダのマントラでは最強なんだとか。
 さらに、インド占星術で使われる9惑星?対応のガーヤトリーマントラもある。
 心で唱えるのも効果ありとのことで実行?してるけど、どうかなぁ。
 最近母の体調がすぐれないようだけど、「痛みを伴った・・・」と関係あるんだろうか?