2012年1月8日日曜日

時代・国境を超えたそっくりさん

 写真上が私・フリーイラストレーターの東陽子、下が時代の寵児であった中国の大女優・王瑩。
初めて見た時自分かと思った

 とっくに自殺してるんだが、江青ますます嫌いになった。
 理由は、江青が女優時代に1930~40年代の寵児だった王瑩(ワン・イン)さんに、最後文革で女優時代一方的に目の敵にしていた彼女をブタ箱に入れて病死させたこと。
 しかも、新人ながらお高く止まっていた時に、これぞ出世作になると思った映画で、王瑩さんに主役を取られたというくだらない理由だけで。
 ま、江青自身も捕まって、91年に獄中で首吊りする前に「旦那様のところへ行きます」みたいな内容の手紙を残しているが、当の旦那=毛沢東は、死ぬ大分前から江青に嫌気が差してきていたと言うから、ざまあwって感じする。
 
 てか、その王瑩さんがあまりにも私と顔がそっくりなので、自分が江青にぶち込まれて殺された気分になる・・・。
 illlillill_| ̄|◯illlillill
 しかも、彼女が亡くなったのは1974年3月3日。満61歳を迎える5日前。
 で、私が生まれたのは1974年12月20日。関係ないけど勝手に因縁感じて仕方ない(苦笑)

 上海で活躍していたというので、あれ?と思ってカートグラフィ(出生時に各惑星のラインが引かれている世界地図)を見たら、おおっ、上海のド上に「名声・栄光」の太陽と「マスコミ・情報」のラインが重なってるし。
 確か、そこに行かなくとも、そこのエネルギーを持った何かを取り入れるといいんだよね。

 今その王瑩さんをモチーフとしたイラスト何枚か仕上げたけど、スキャナが動かない!てことで次回に続く・・・。