2010年9月16日木曜日

『夜の駐車場』

 父の初盆が過ぎた頃です。
 ある夜、私と母は、車でドライブしながら買い物に行っていました。
 もちろん、私は免許を持っていないので、母の運転です。

 そうして、ある程度用が済み、寄り道に某ローカルスーパーに行きました。
 ふと後ろを視ると、先ほどまで後ろの席に座っていた父が、しきりに後ろを振り返り、「あちゃー」という表情をして、座席からすり抜けて駐車場に出てしまいました。
 もしかすると、後ろに何かがあるのかも知れないと思った私は、こんなことを母に言いました。

 「・・・あ、お父さんが降りた。何か指示でもしてくれるみたいよ」
 
 当時はまだ若干私の霊感に懐疑的だった母が、こう切り返して来ました。

 「・・・じゃあ、お前の指示に従うから。お父さんが指示してくれるんやろ?」
 「え・・・私(の霊感)を試すの?!」
 「まあ・・・試しになるね。どうなっとる?」
 「あ・・・・・・バックバックって指示し始めたで」

 父は、ゆっくりと片手を何度も自分の方に振り、合図をしました。
 と、その手が開き、そのまま平手を何回も押すような格好になったのです。

 「あ、止めて止めて!ストップストップ!」
 と私が叫ぶと、母は、慌てて車を止めて運転席から降り、車体の後ろの方に向かって歩きました。

 「ちょ・・・陽子!陽子、こっちこっち、早う来てみ」
 「な、なに?」
 「ええから早く!」

 何の事だか分からない私は取り敢えず、助手席を出て母の指差す方を見ました。

 何と・・・
 そこには店のカートが、無造作に置きっ放しにされているではありませんか!
 しかも、車体後部スレスレの所です。もうちょっと止めるのが遅ければ、完全にぶつかっていた所でした。
 
 「本当に、お父さん、今でも見守ってくれてるんや・・・」
 母は半分涙声でそう言っていました。
 反面、私は疑ってかかりました。

 「ちょっと待って、サイドミラーとかでもこのカート見えへんかったん?」
 
 母は呆れた表情をして、
 「あほか。こんな暗いのに、車体より低いこんなカートが鏡に写るかってーの」
 「・・・そりゃ、そうかな・・・」

 しかし・・・
 こういう、客観的に「見える形で」証明されたのは、これが初めてのような気がします。
 普段は見えない形のまま、事が済んでいるのですから・・・