2010年9月10日金曜日

『知らされた過去』

 数年前の事です。
 私は、あるオークションにて、クロコダイルのショルダーバッグを落札しました。
 出品者の説明通り、ちょっとかすれ傷のある中古品でした。イタリア製なので、そこそこお気に入りだったのです。

 ところが、それを持つようになってから、体はピリピリするわ、触っている手までピリピリしたので、『なんか念がこもっているんだろうな』と思い、病院内ですがそのショルダーバッグに焦点をあわせてみました。

 眼を閉じて、ゆっくりした息を吐きながら、イメージが出てくるのを待ちます。
 そうすると、女性の悲しみに出くわしました。

 出てきたイメージの女性の話(?)によると、そのショルダーバッグは、別れた恋人から買ってもらった物だということでした。
 気に入ってるけれど、見ているだけで悲しくて悲しくて、ようやく売ることに決めたのだそうです・・・。

 私は、彼女の姿をイメージして、彼女を慰めました。
 その後、そのショルダーバッグを持っても、ピリピリ痛むようなことは無くなったのです。

 昔も今も出まわる中古品。
 素敵な商品もありますが、中には、前の持ち主の『念』がこもっているということも頭に入れておいて損はないと思います。